Contact
LINE@でお問い合わせ
メ|ルでお問い合わせ
ブログ
【バーチャルオフィスその3】-oVice(オヴィス)の活用法
滝 愛
2022.06.24

暑くなってきたので背景を変えました!
また社内にいる人の数も増えています。

oViceの他社での活用法を調べて、私なりにアップワードで活用できそうなことを考えてみました。

インターンシップでの利用

アップワードでは現在、出社とリモートで混在しているのでインターンシップ生を募集していないのですが、
oViceを利用すれば会社に出社していなくても隣にいる感覚で仕事ができるので、活躍できるかもしれません。
マイクをオンにすれば声が聞こえるので何でも聞きやすい環境は整えられるかなと思います。

社内の雰囲気見学

入社しないとなかなか味わえないのが社内の雰囲気だと思います!
私は面接のときなど緊張したりしていてあまり社員の方と話す機会や雰囲気がわかるような行動がとれなかったので、
oViceを活用した社内見学など行えたらアップワードならではの楽しい雰囲気が伝わるのではないかなと思います。
また自己紹介など会議室を利用して行えば、ビデオ通話で表情を見ながらまるで会話しているようかの間隔で
コミュニケーションが取れるので更に会社の雰囲気が伝わると思います。

ネクスト(支社)との交流

アップワードでもネクスト(支社)との交流にも使えそうだなと思いました。
導入はされていないのですが、oViceを使えば仕事やイベントなどもっとたくさん交流できる気がします。
私、個人はチャットを通して一緒にゲームなどしたことがあるのですが、
チャットを打つより声が聞こえた方がより伝わりやすく、楽しいという雰囲気をさらに共有できるのではないかなと思います。

アップワードで今実践していること

・毎朝の朝礼
朝礼では基本的にビデオ通話で出席するので、全員の表情をみてコミュニケーションが取れます。
○○さん今日元気そう!とか○○さんは忙しそう…とか表情からわかることもあります!

・定期的な部署ごとでのミーティング
デザイン部では現在持っている案件の数や内容の共有、締め切りが近いものなどへのヘルプの有無などを話し合い、
締め切りに余裕をもって完了させられることを目標にしています。

・作業通話(個々で行っています)
これは夕方~夜にかけて行われている姿をよく見かけています。
私も何度か参加しましたが、参加している人がマイクをオンにするのでタイプ音やクリック音などが聞こえてきて
音だけ社内にいるな…という環境で作業できます。
雑談なども途中に挟んで集中したり休憩したりメリハリをつけやすい環境で作業できます。

そのほか質問なども、チャットを打つより話しかけた方が早かったりするのですぐに聞きに行けます。

すぐにできそうなことはたくさんあるので、更に活用法を見つけて導入していきたいと思います!

Up Arrow Icon
プライバシーポリシー