Contact
LINE@でお問い合わせ
メ|ルでお問い合わせ
勉強
アイコンをつくる
得能 黎
2021.09.19

皆さんこんにちは。
デザイナーの得能です。

最近弊社ではバーチャルオフィスoViceというものを導入して仕事をしています。
今は試行錯誤の段階ですが、きちんと使うときのルールを決められたらとても便利になるように思えます。
時代に合わせて働き方を変化させていく姿勢、社員としてとてもありがたいですね。

さて、今回のブログでは前回書いた「アイコンについて」の続きとしてアイコンをつくることにも触れていこうと思います。
他のデザイナーさんもアイコンについて触れてくださっているのでそちらの記事もぜひどうぞ。

アイコンをつくる①

アイコンをつくるとき、私はAdobeIllustratorを使って作成しています。
今回はこのような「医療器具」をイメージしたアイコンを三つ作成してみました。

Webでアイコンとしてよく使用されるのは上3つのような白黒のものですね。
下3つは塗りを中心にしたアイコンです。こちらはWebサイトの雰囲気に合わせて使うことでクオリティの向上につながるように思います。

アイコンをつくる②

アイコンをつくるときは、
1 アイコンの持つイメージを明確にする
2 線タイプか塗りタイプか
3 ターゲットを意識する
この三つを考えながら作ります。
今回作ったものは「注射器」「鉗子」「輸血パック」なのですが、生々しいイメージは与えたくなかったので丸みをつけたりして明るいイメージにしています。
2は線も塗りもどちらも作っています。

アイコンをつくる③

作る手順としては、
1 ラフを描く(デジタルでもアナログでもいいと思います。できるだけシンプルに)
2 illustratorでラフをモノクロで清書する(ここは様々なやり方があると思います。私は図形と図形を組み合わせたりして作ります)
3 色をつける(色を付ける時もターゲットやアイコンのイメージを意識します)
というような感じです。
私のやり方ですのでもっと効率のいい方法もあると思います。

このように日々デザインをするなかでお客様の望むウェブサイトをデザインできるよう、独自にアイコンを作成することもあります。
また、アイコンだけでなく、デザインをするすべての部分でお客様に満足いただけるよう、日々努力していきたいと思います。

この記事を書いた人
得能 黎 デザイナー プロフィール
Up Arrow Icon
プライバシーポリシー