Contact
LINE@でお問い合わせ
メ|ルでお問い合わせ
ブログ
卒業制作展を見よう
得能 黎
2022.01.30

こんばんは。デザイナーの得能です。
今日は私が通っていた大学の卒制展のお手伝いに行ってきました。
展示用のセットを作るお手伝いをしましたが、ビスを打つことは久しぶりで手伝いになったのかわかりません。少しでも力になれていたら良いなと思いつつ…
そして後輩たちの作品はとても個性的で、実際に完成された展示を見ることが楽しみです。

ということで今回は卒業制作展を見ようという趣旨のブログを書こうと思います。

卒業制作展

卒業制作展(卒展)とは名前の通り、大学で培った技術や知識を総動員して自分の作品を作り上げ展示することです。4年間の集大成と言ってもいいと思います。
芸術系の大学に通った方はわかると思いますが、卒業制作展は準備期間がすごく大変ですよね。
作品自体を作り上げることも、展示用にセットを組み立てたり場所を整えたりすることも、すべてに時間と手間とお金がかかるものです。

しかしながら現状はコロナ禍ということで、本来の展示の規模とは違う展示になったり、展示自体がなくなってオンライン卒制展という形を取っている大学もあったり…
展示をしているところでも事前予約が必要だったりと様々ありますので、こちらでは面白そうだったり、私が見たいなと思うオンライン卒制展をご紹介していきます。
・東京造形大学(ZOKEI展)
・東京工科大学 デザイン学部(デザイン学部卒業制作展2/1から公開)
・2021年度 女子美術大学 女子美術大学短期大学部 卒業制作展/修了制作展(特設サイトが公開されたらお知らせされるそうです)

リサーチ不足であまり沢山は挙げられませんがオンライン開催もされている卒展は誰でも気軽に見ることが出来ます。
素敵な作品を沢山見れるので、ぜひ一度見てみてはいかがでしょうか。自身の感性も刺激されるかもしれません。

そしてこちらはオンライン開催はされないようですが、できれば見ておきたい卒展
「令和3年度 第45回 東京五美術大学 連合卒業・修了制作展」
五美術大学(武蔵野美術大学・多摩美術大学・東京造形大学・日本大学芸術学部・女子美術大学)による卒業・修了制作展です。
私も去年見に行きまして、圧倒的な技術やセンスに驚くばかりでした。作品だけでなく展示の仕方も独特だったりして、勉強になることばかりでした。
見て損になることはありませんので、お時間のある方はぜひ見に行くことを検討してみてください。

それでは、まだまだ寒い日が続きますので皆様お身体にお気をつけてお過ごしください。

この記事を書いた人
得能 黎 デザイナー プロフィール
Up Arrow Icon
プライバシーポリシー